心理セラピスト 垣内満寿美 プロフィール

心理セラピスト

石川県出身
現在は東京都内在住

自分の中に安心感を育てていくセラピーを1番大切にしています
愛着障害・自己否定・共依存問題を得意をしております

聴覚障害を持つ両親の元、長女として産まれる親のできない事をフォローし、全く自覚もなく当たり前のように家族を支え助けるのが自分の役目だと思い育ちました。

がんばる事、人の役に立つ事、人に迷惑をかけない事に対してなにも疑問を持たずに 当たり前だと思って、それが生きる事だと小学生の事からずっとそう感じていました。
そうすれば、人は受け入れてくれる。友達もできる、先生にも怒られない。 何も自分の生き方に疑問を持つことはなく・・・
人の役に立てない自分には価値がない。そんな思いを抱え続けていた事にも気づかずに、 20代後半親の離婚を機にうつ病になりました。

この頃、無気力・死にたいという気持ちが止まらず食事もまともに食べられず仕事に行くのがやっとな毎日が数年続きました。
両親の離婚が大きな要因ですが、この両親の離婚で自分は役立たず!という現実を突きつけられた気持ちになり、精神的にも、肉体的にもボロボロになりながらも、 母親を支えていかないといつ母親が死ぬかわからない、そんな恐怖に怯えながら母親を支える為に自分の事は後回し。その時、「一生この母親の為に生きよう!」と決意したことは今でも鮮明に覚えています。

自分の異変を感じたのは友達と会うのが急に怖くなり、食事に行く途中の車で手の震え・過呼吸というPTSDの症状を発しながらも「断るのが怖い」でも、「人に会うのもこわい」という恐怖を感じないようにしていたことに気がついた時。 人と接していながらも、人に会いたくない。自分なんて死んだほうがいい。でも母を一人にはできない。
自分の人生が初めてスタック(動けなくなる)した瞬間でした。
そんな風に人生を悲観し、諦めていた時に心理セラピーに出会う。

自分が両親と共依存である事を初めて知り、その時自分が生きていて苦しい理由が腑に落ちる。

現在、母親との関係も良好になり、親から一生離れることができないという悩みも解決し共依存状態の親との関係から自立して、個人事業主として開業もしました。

特にパニック障害をお持ちのクライアントさんやPTSDの症状が出てしまうクライアンさんからは、垣内さんのセッションを受けてパニックがなくなりました。というご報告もたくさん受けております。

(例)
電車に一人で乗れなかったがセッション後一人で乗れるようになった
仕事でいつもパニックでミスが続いたがセッション後落ち着いて対応できた
夫に頼るのが怖かったが、セッション後お願いができるようになった
など

現在、心理セラピーで心の問題を取り扱っています。
関わってきた多くのクライアントさんの問題や悩みは

人間関係の悩み → 人が怖い。人に嫌われている気がする。
恋愛 → 彼氏に言いたいことが言えない。見捨られるのが怖い。
親子問題 → 親から離れられない。親の支配が辛い。


うつ・共依存・トラウマ・パニック障害等の悩みを解決しています。

そして、セッションを受けるごとに自分の中に安心感が生まれることで 家族やお子様、人間関係が良好になった方がとても多いです。

2014年

一般社団法人 日本リトリーブサイコセラピー協会

リトリーブサイコセラピー基礎コース
(旧セラピューティックコース )

リトリーブサイコセラピー応用コース 卒業

2018年

リトリーブサイコセラピー ハイパーコース 卒業

2024年2月29日

リトリーブサイコセラピー協会を退会しました


         

お得なメルマガ会員様大募集です!
セッションの先行予約特典!
メルマガ会員様セッション割引特典!
心を癒すだけではなく自分を成長させていくヒントをお届けします